製菓・製パン科

学科紹介

製菓・製パン科

製菓・製パン科

静岡県東部地区唯一の
製菓衛生師養成施設
確かな技とセンスを持つ
愛されるパティシエを目指す

2年制/定員30名

DEPARTMENT
業界で活躍するプロたちが、最新の厨房機器で高度な職人技を直接伝授。
国家資格「製菓衛生師」を在学中に最短で取得できます。

目指す職業

  • パティシエ(菓子職人)
  • 新商品開発職(食品メーカー)
  • カフェスタッフ
  • ブーランジェ(パン職人)
  • ヴァンドゥーズ(販売員)

etc…

目指す資格【国】は国家資格

  • ● 製菓衛生師免許【国】
  • ● 食品衛生責任者(製菓衛生師取得後)
  • ● サービス接遇検定
  • ● コーヒーインストラクター検定2級
  • ● ラッピングコーディネーター
  • ● フードコーディネーター3級
  • ● ワープロ検定

etc…

学科の特徴

理論を技術へ変える製菓実習

1年次に75回ある製菓理論では、洋菓子や和菓子、パンの基本材料から製法、分類など、実習とリンクさせながらコツやカンによる部分を科学的知識として身につけます。製菓実習では、その理論をお菓子作りやパン作りにどう取り入れるか、わかりやすく学びます。

少人数制を活かした
「ひとり1作品」実習

計量から仕込み、焼成、デコレーション、仕上げ、ラッピングまで全て一人で作ることで、菓子製作の基本技術や知識を確実に身につけていきます。

地元と連携しホンモノを学ぶ

地元企業と連携し、実習で毎日使う卵や乳製品、フルーツなど、教科書だけではわからない品種や製法の違いについて、生産現場で農家の方から直接説明を受けたり、味わったりして学びます。

カフェ・販売実習

コーヒーや紅茶の正しい抽出方法やカフェメニューなどを学びます。プロのバリスタも愛用するエスプレッソマシンを使ったコーヒーの抽出やお客様へのサーブなどのトレーニングも行います。また、自分たちが作ったパンや菓子などを5階のラウンジにて、実際に販売します。

スイーツコンテスト

企画、プレゼン、レシピ作成、製作、盛り付けなどチームで実施。1年次秋の学内コンテストで、完成作品をプロのパティシエが評価します。ジャパンケーキショーなどのコンテストへの出品も積極的に行います。

フランス研修

菓子の本場であり、常に最新のモードを生み出す国・フランスへの研修旅行を実施しています。有名店・人気店などを巡り、お菓子やパンの歴史を知るとともに、フランスならではの洗練された文化や最先端の製菓技術に直に触れ、体感していきます。授業だけでは得られない多くの経験を通じて、視野を広げ、また自らの世界をも広げることができる、貴重な学びの場です。

製菓衛生師試験 合格率88%

菓子業界で求められる高度な製菓の知識と、食品衛生に対する意識を証明するのが、国家資格である「製菓衛生師」です。指定外学校では、受験資格を取得するまでに最低でも4年間(学校在籍2年+実務経験2年)が必要です。それに対し指定校である本校では製菓衛生師科目が履修でき、必要な知識を徹底的に身につけることができます。2018年3月卒業生の製菓衛生師試験合格率は88%でした。

フードコーディネーター3級認定資格が卒業と同時に取得できます。

ホテル・ブライダル・製菓店など、食に関わる多様な業種でホスピタリティ溢れるサービスが提供できるようフードコーディネートの授業を行っています。製菓・製パン科は、日本フードコーディネーター協会の認定校となっており、卒業と同時にフードコーディネーター3級認定資格が与えられます。

製菓・製パン科
NEWS & TOPICS

一覧を見る