製菓・製パン科

学科紹介

製菓・製パン科

静岡県東部地区唯一の製菓衛生師養成施設。
確かな技とセンスを持つ、愛されるパティシエを目指す。

2年制/定員30名

業界で活躍するプロたちが、最新の厨房機器で高度な職人技を直接伝授。
国家資格「製菓衛生師」を在学中に最短で取得できます。

目指す職業

  • パティシエ(菓子職人)
  • カフェスタッフ
  • ブーランジェ(パン職人)
  • ヴァンドゥーズ(販売員)

目指す資格【国】は国家資格

  • ● 製菓衛生師免許【国】
  • ● 食品衛生責任者(製菓衛生師取得後)
  • ● サービス接遇検定
  • ● コーヒーインストラクター検定2級
  • ● ラッピングコーディネーター
  • ● フードコーディネーター3級
  • ● ワープロ検定

SNSで授業の様子を発信中!

学科の特徴

理論を技術へ変える製菓実習

1年次に75回ある製菓理論では、洋菓子や和菓子、パンの基本材料から製法、分類など、実習とリンクさせながらコツやカンによる部分を科学的知識として身につけます。製菓実習では、その理論をお菓子作りやパン作りにどう取り入れるか、わかりやすく学びます。

少人数制を活かした「ひとり1作品」実習

計量から仕込み、焼成、デコレーション、仕上げ、ラッピングまで全て一人で作ることで、菓子製作の基本技術や知識を確実に身につけていきます。

地元と連携しホンモノを学ぶ

地元企業と連携し、実習で毎日使う卵や乳製品、フルーツなど、教科書だけではわからない品種や製法の違いについて、生産現場で農家の方から直接説明を受けたり、味わったりして学びます。

カフェ・販売実習

コーヒーや紅茶の正しい抽出方法やカフェメニューなどを学びます。プロのバリスタも愛用するエスプレッソマシンを使ったコーヒーの抽出やお客様へのサーブなどのトレーニングも行います。また、自分たちが作ったパンや菓子などを5階のラウンジにて、実際に販売します。

スイーツコンテスト

企画、プレゼン、レシピ作成、製作、盛り付けなどチームで実施。1年次秋の学内コンテストで、完成作品をプロのパティシエが評価します。ジャパンケーキショーなどのコンテストへの出品も積極的に行います。

フランス研修

菓子の本場であり、常に最新のモードを生み出す国・フランスへの研修旅行を実施しています。有名店・人気店などを巡り、お菓子やパンの歴史を知るとともに、フランスならではの洗練された文化や最先端の製菓技術に直に触れ、体感していきます。授業だけでは得られない多くの経験を通じて、視野を広げ、また自らの世界をも広げることができる、貴重な学びの場です。

フードコーディネーター3級認定資格が卒業と同時に取得

ホテル・ブライダル・製菓店など、食に関わる多様な業種でホスピタリティ溢れるサービスが提供できるようフードコーディネートの授業を行っています。製菓・製パン科は、日本フードコーディネーター協会の認定校となっており、卒業と同時にフードコーディネーター3級認定資格が与えられます。

製菓衛生師試験
合格率100%

菓子業界で求められる高度な製菓の知識と、食品衛生に対する意識を証明するのが、国家資格である「製菓衛生師」です。指定外学校では、受験資格を取得するまでに最低でも4年間(学校在籍2年+実務経験2年)が必要です。それに対し指定校である本校では製菓衛生師科目が履修でき、必要な知識を徹底的に身につけることができます。
※2021年度実績

プロから学び、プロ仕様の機器を使う。
優れた実践力を養う、一番の近道。

職人として第一線で活躍する、プロの講師陣たちが、そのテクニックやノウハウを直接指導。実際に現場で求められるスキルや、最新の技術を身につけることができます。少人数制のため講師との距離も近く、プロの技をじっくり間近で見ることができます。

お菓子で感動を与えられる仕事を目指す皆さんの夢を全力で支えます。

お菓子作りは卵や小麦粉などの材料をいろんな顔に変化させ、お客様を驚かせ、感動を与えことができます。つまり、パティシエやブーランジェは技術で人の幸せに貢献できる職業なのです。本科では業界を知り尽くした教員が、現場が本当に求めている技術、技能、人間像をきめ細やかに指導します。少人数制なので学生と教員の距離が近いのも魅力の1つ。また、授業全体の半分を占める実習では、「なぜ?」をわかり易く説明することを心がけ、学生がワクワクして、もっと興味を抱くような授業を目指しています。この素敵な職業を目指す皆さんに、私たちが全力で指導、サポートします。

製菓・製パン科 教員 秀浦 宣広

高い実力を誇るプロの講師陣

お菓子が持つ可能性は、無限です。

プロフィール
お店を持たないパティシエとして、ケータリングや飲食店のメニュー開発、お菓子教室の主宰など、お菓子にまつわる多岐にわたる仕事を請け負うマルチタレントパティシエ。

成澤 亜紀先生

あたりまえのことをあたりまえに行う職人に。

プロフィール
都内有名和菓子店で修業、日本菓子専門学校で和菓子講師を経て、故郷の修善寺で和菓子店「和楽」を開業。本校の和菓子実習担当。餡から全て手作りにこだわる生粋の職人。

飯塚 大和先生

人を喜ばせ、感動させられるお菓子を。

プロフィール
2年生製菓実習、コンテスト対策授業を担当。アンドロワ・パレ オーナーシェフ。2014年のジャパンケーキショーで全国優勝ほか入賞多数の経歴を持つ。

田代 義政先生

製パンを基礎から教え、職人の道へ導いていく。

プロフィール
静岡大学卒業後、株式会社ヌマヅベーカリー(現:株式会社バンデロール)に入社。製造開発の現場で長年指揮をとり、現在は取締役として後進の指導にもあたる。

野田 歩先生

製菓・製パン科
卒業生インタビュー

製菓・製パン科
NEWS & TOPICS

一覧を見る